株式会社丸栄産業合作社

株式会社丸栄産業合作社

製品情報

PRODUCTS

products

製品紹介

リチウムイオン二次電池(LiB)正極材焼成用セラミックス

弊社セラミックス反応容器は、1980年よりリチウムイオン二次電池LiBの正極材焼成用セラミックスとして採用されており、最も早い段階よりリチウムイオン二次電池業界に携わってきました。おかげさまで正極材に関してトップシェアを持っており、豊富な実績とノウハウを持っております。
焼成温度、焼成原料によって10種類以上の材質をご用意しております。

コバルト酸リチウム(LCO)正極材焼成用セラミックス反応容器

リチウムとコバルトを焼成することで反応させ、LiCoO2とする際に使用します。
焼成温度が他の正極材と比べて高めであるため、瞬発的な耐リチウム性が要求されます。コバルト専用の材質を準備しておりますので、是非お試しください。

コバルト酸リチウム(LCO)正極材焼成用セラミックス反応容器

ニッケル酸リチウム(LNO)正極材焼成用セラミックス反応容器

リチウムとニッケルを焼成することで反応させ、LiNiO2とする際に使用します。
焼成温度は他の正極材と比べて低いですが、焼成時間が長いため、持久的な耐リチウム性が要求されます。ニッケル専用の材質を準備しておりますので、是非お試しください。

ニッケル酸リチウム(LNO)正極材焼成用セラミックス反応容器

マンガン酸リチウム(LMO)正極材焼成用セラミックス反応容器

リチウムとマンガンを焼成することで反応させ、LiMn2O4とする際に使用します。
繰り返し使用に強い耐リチウム性が要求されます。マンガン専用の繰り返し使用に強い材質を準備しておりますので、是非お試しください。

マンガン酸リチウム(LMO)正極材焼成用セラミックス反応容器

三元系(NMC)正極材焼成用セラミックス反応容器

リチウムとニッケル、マンガン、コバルトを焼成することで反応させる際に使用します。
繰り返し使用した際、セラミックス反応容器内側が剥離を起こす場合があります。剥離に強い耐リチウム性が要求されます。三元系専用の剥離に強い材質を準備しておりますので、是非お試しください。

三元系(NMC)正極材焼成用セラミックス反応容器

リン酸鉄リチウム(LFP)正極材焼成用セラミックス反応容器

リチウムとリン酸鉄を焼成反応させ、合成する際に使用します。
繰り返し使用に強い耐リチウム性が要求されます。リン酸鉄専用の材質を準備しておりますので、是非お試しください。

リン酸鉄リチウム(LFP)正極材焼成用セラミックス反応容器

無料サンプル 送付許可

※リチウムイオン正極材の焼成は非常にシビアですので、1種類の材質で対応できるものではありません。
 20年以上の経験と100回以上にわたる改良により現在のバリエーションに到達しております。
 リチウムイオン二次電池正極材焼成用セラミックスのことなら我々にお任せください。

業界No.1豊富な経験と実績でご相談にのります

○セラミックス反応容器のサイズ(大きさ、深さ)や形状をどうしたらよいか
○焼成炉の種類の選定について(シャトルキルン、トンネルキルン、ローラーハースキルン、マイクロ波キルンなど)
○焼成炉の選定にあたり、どのメーカーが良いのか(弊社は炉メーカーではありませんので、ユーザー目線のアドバイスができます。)
○その他、疑問ありましたら、何でもご相談ください

100社を超える上場企業との取引実績と100年経営の確かな信頼

100社を超える上場企業との取引実績と100年経営の確かな信頼セラミックス、耐火物のことなら我々にお任せ下さい。
使用方法、温度などご不明な点などお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

0561-42-0071
受付時間:平日9:00~17:00

メールでのお問い合わせはこちら

サイトマップ

© 株式会社丸栄産業合作社 All Rights Reserved.